« 2016年4月 | トップページ

2016年7月

2016/07/31

友好姉妹都市ニューポート市(City of New Port.RI)訪問記

Img_5009_2  昭和33年に姉妹都市として提携以来、長きに渡り友好を深めている米国ロードアイランド州ニューポート市は、下田市と所縁あるマシュー・ペリーの出身地です。ここで開催された第33回ニューポート黒船祭へ、7月12日~19日の日程で、4名の中学生を含む13名の皆様とともに出席して参りました。
 
 
-------------------------------
Dscn0406_2_2400x1027_3  下田市役所前で開かれた壮行会へご出席賜った福井市長、佐々木教育長、石井ニューポートクラブ会長をはじめ、参加の中学生保護者各位、下田市職員など多くの皆様のお見送りの中、すでに渡米されている4名を除く、鈴本愛海さん(下田中)・小泉蒔士君(稲梓中)・岩本ことねさん(稲生沢中)・森田勇輝君(東中)の中学生4名、野田光男前教育長と祥子さんご夫妻、随行の下田中学校教諭船渡祥太先生・議会事務局望月奈緒子、そして私の計9名が出発。まだ見ぬ地を前に各々の期待と緊張の表情が印象的でした。
Cimg4011_2_2400x938_3
Dscn0439_2_2400x911_2
-------------------------------
 長時間の移動を経て現地時間17時、一行は米国ニューアーク空港に到着。ニューポート訪問を前に、この訪問団は毎年ニューヨークに滞在します。これは下田玉泉寺に設置された日本初の米国駐日領事館に初代総領事として赴任したことで知られるタウンゼント・ハリスの所縁の地を訪問するためのもので、今回も2日間の滞在期間中に2カ所を表敬訪問致しました。
Img_4803_2
Dscn0502_2_2300x973_2250x952
 まずは墓参のためハリスが眠るグリーンウッドセメタリ―を訪問。広大な墓地は日本のそれと違い公園のような作りです。ハリスが眠る墓地は日当たりのよい小高い丘にあり、墓石の脇には下田の玉泉寺から送られた灯篭と石碑が立っており、背後には記念樹として植樹された桜とハナミズキが大きく育っていました。これらの下田からの贈り物は、1986年第1回下田訪問団がこの地を訪れた際、あまりに小さな石碑に嘆いた当時の玉泉寺村上住職が帰国後下田市民へ寄付金を募り、翌年1987年の訪問の際に設置されたそうです。先人の下田人の粋な計らいを誇らしく感じました。墓前に参加者それぞれが花を翳しハリスの功績に敬意を表しながら参拝。
その後もう一つの所縁の地、ニューヨーク市立大学(CCNY)に向かいました。
-------------------------------
Dscf3549_2_2400x915_2
 CCNYではハリスの功績に関するレクチャーを受講。日本では初代駐日総領事など外交官として知られるハリスですが、本国での彼の評価は、当時の支配階級に制限された排他的な体制であった私立学校の教育環境に疑義を抱き、わけ隔てなく無償で受けられるCCNYの前身校「フリーアカデミー」を創設した教育者であることを知りました。更には創設者であるにも拘らず、その後大学の規模が大きくなるに連れ彼の功績と存在が縷々薄れつつある中、1986年の下田市民団の表敬訪問を契機にハリスの人物像が改めて学内にて注目されたこと。そしてその後の学内におけるハリスご本人並びに日本文化の研究のきっかけになったことが述べられ、下田市民への感謝の意が伝えられたことに驚きと誇らしさを感じました。
Cimg4217_2_2400x856_2
 レクチャーの後、CCNY主催による昼食会にご招待されました。代表によるスピーチ、プレゼント交換や歓談、中学生たちも現地の日本語専攻の学生さんたちとの交流を深めるなど終始和やかな雰囲気でした。改めて歓待を賜りました大学の皆様に心り感謝申し上げます。
Img_4922_2_2400x891
 昼食会終了後は学内キャンパスの見学。アメリカの建築家ジョージポストの作品で、州と連邦政府の歴史建造物に指定されているシェパードホールをはじめ、ボザール様式の建物の数々は見事な装飾が施される素晴らしい建築作品ばかりでした。
 
-------------------------------
 ニューヨークを後にし、長時間のバス移動を経てもう一つの目的地であるニューポート市に到着した訪問団一行は、市内ビジターセンターで行われた市民歓迎会に招待されました。
Dscn0827_2_2400x973
Dscn0809_2_2400x1041
 ニューポート市ナポリターノ市長はじめ市の評議員や関係者の皆様、ロードアイランド日米協会ヴァイナー会長、下田交流協会の市民の皆様、中学生並びに随行の船渡先生を4日間迎え入れて頂くホストファミリー3家族(マッカーシー家、ピートリー家、ボイル家)など、多くの暖かなる歓待を頂きました。市民団の皆様も持ち寄ったお土産を各自交換するなど終始和やかな雰囲気です。セレモニーでは下田からは振袖を纏ったウサギの人形を、NP市からは市のシンボルであるパイナップルを象ったガラス製の置物を、それぞれの公式のギフトとして交換しました。
 このパイナップル、ニューポート市内のいたるところで目にします。意味をお伺いすると、その昔大航海時代、出発地であった当地には多くの乗組員家族が住んでおり、無事航海を終えた船員は家族とそのご近所に南洋の土産としてパイナップルを持ってきたとのこと。これにちなんでパイナップルは当時危険が多かった渡航に対し、無事帰ってくることと家族平穏を祈願するものとして街のシンボルになったとのことでした。
-------------------------------
 翌日は、市長表敬訪問。重厚な歴史ある市庁舎の佇まいに圧巻されつつも、満面の微笑みで迎え入れてくれたナポリターノ市長のおもてなしに心が和らぎます。市長室内は、下田黒船祭のポスターやこれまでの訪問団の写真、下田市からの贈り物がいたるところへ展示されておりました。また市庁舎前に木陰を落とす1988年の下田市訪問団により植樹された楓の大きさを拝見し、改めて両市の歴史の深さと強い絆を感じ得ることが出来ました。
Dscn0965_2_2400x944_2
-------------------------------
Dscn1026_2_2400x1033_2100x904_3
 その後、市内中心にあるトーロパークで行われた第33回ニューポート黒船祭の記念式典へ出席。厳粛な雰囲気の中、米海軍による演奏、日米両国歌独唱、各要人のスピーチ、記念碑への花輪奉献などのプログラムが挙行されました。私からの挨拶はこれまでの下田とニューポートの交流の歴史を紹介するとともに、これからの更なる友好親善への祈願を述べました。
 この式典を皮切りに開催されるニューポート黒船祭は、ペリー提督の功績を称えるほか、その後培われた日米交流を祝うもので、プログラムの多くには日本の文化を紹介する内容が掲げられています。その一つ、翌日行われたArts & Crafts Fairには下田市ブースが出展され、ニューヨークにて合流し毎年このブースの運営多大なるご協力を頂いている進士薫輝さんと妙子さんご夫妻、杉村忠さんのご指導のもと、凧作りと折り紙教室を運営。渡航前に凧作りの練習を重ねた中学生4名をはじめ、私たち訪問団も指導役として参加し、地域の子供たちや市民の皆様との交流を楽しみました。会場内は他にも茶道、武道、生け花、邦楽の演奏など、公園内のあらゆるところで日本文化にまつわるブースが展示披露されており、改めて日本文化に対する関心の強さを実感しました。
Img_5013_2_2400x780_2
Dscn1015_2_2400x906_2
Dscn1423_2_2400x837
Dscn1395_2_2400x915_2
Dscf3566_2_2400x830_2300x795
Dscn1367_2_2400x1065_2
-------------------------------
 滞在中はナポリターノ市長主催の夕食会や、ロードアイランド日米協会主催の晩餐会など、多くのイベントへのご招待を賜り、4日間の滞在時間はあっという間に過ぎていきました。中学生たちもホストファミリーの案内の元、マリンレジャーやスポーツ観戦、野外バーベキューなど貴重な体験を頂いたとのこと。日に日に輝きを増してくる彼らの目を見るにつけ、嬉しい限りでした。
Cimg4641_2_2400x946_2
Dscn1739_2_2400x1051_2
Dscn1643_2_2400x1021
Dscn1727_2_2400x988
Dscn1904_2_2400x962_2200x882
Dscn1928_2_2400x1061
Dscn1957_2_2400x911
Dscn1962_2_2400x1033
Dscn1889_2_2400x998
Cimg4686_2_2400x951
Dscn2007_2_2400x980
Dscn2009_2_2400x903
-------------------------------
 
 今回の訪問最後のプログラムはさよならパーティー。郊外に広がるブドウ畑の中にあるニューポートワイナリーを会場に今回お世話になったすべての皆様が一堂に介し盛大に開催されました。ヴァイナーさんの粋な計らいで「上を向いて歩こう」を合唱。涙を堪えるのに必死なほど感動の瞬間です。別れの時間が近づくにつれ、会場のあちらこちらで会話が弾み、子供たち同士は遊びに盛り上がるなど、下田からの訪問団全てが別れを惜しむ雰囲気に包まれました。渡航前は不安な面持ちだった中学生たちに「まだまだ居たいでしょ?」と尋ねたところ、即答で「居たいです!」と返事を貰った瞬間、団長として形容し難い嬉しさで溢れました。
Img_5284_2_2400x944
Dscn2049_2_2400x946
Dscn2163_2_2400x917
Img_5288_2_2400x826_2
Img_5274_2_2400x902_3
Dscn2178_2_2400x1017_2300x975
-------------------------------
 1984年第1回ニューポート黒船祭開催を機に始まった市民訪問団は、今回を含めこれまで中学生約110名を加えた約420名の下田市民がニューポート市を訪問、約320名のニューポート市民が下田を訪れております。これほどまでに多くの皆様が長きに渡り交流を続ける意義を、今回の経験により改めて認識できたことは、私にとって、また訪問団各位にとって大変貴重な体験でした。タウンゼントハリスやマシューペリーが残した歴史的偉業に地理的要因で下田が偶然関わっていた。ただそれだけでは、今回の様な歓待は無かったことでしょう。CCNYの皆様、ニューポートの皆様、日米協会の皆様が口々に仰る「下田への感謝」は、下田ニューポートクラブを始め、これまで長きに渡り培われた先輩諸兄のご尽力の賜物であり、この交流が築き上げた強い友情こそが、77回も続く下田黒船祭に関わる外務省や自衛隊、米国大使館他関係者の良好な関係の根底にあるものと強く認識しました。この絆はこれまでも世代を超えて下田市民の中で長年受け継がれてきたものです。今後も恒久的に下田市最大のイベント「黒船祭」が変わらず続けられるよう、そして日本国下田市が「平和都市」として世界へ広く認知されるよう、私たち世代もこの友好を受け継ぎ継承していく必要性を強く感じました。
 
 改めて下田ニューポートクラブの皆様に、今回の渡米にあたり歓待を賜りましたCCNY・ニューポート市関係者各位に、準備に勤しんで頂きました市役所・学校関係者各位に、そして生涯の記憶に残るであろう時間を共に過ごして頂きました参加者12名の皆様に、心より感謝申し上げます。
Dscn2184_2_2400x837_2

« 2016年4月 | トップページ

2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ